公式LINE追加でプレゼント配布中!!!(ここをクリックすると友達追加できます)

大学の自己推薦入試とは?【2019年最新版】自己推薦の傾向

大学の自己推薦入試とは?【2019年最新版】自己推薦の傾向

 

【自己推薦入試ってao入試と違うの?

自己推薦入試について知りたい!】

 

自己推薦入試とは何か分からない

推薦入試を考えている受験生必見!

 

こんにちわ。

”あなたの「人生」と「合格」にコミットする”

秋田です。

 

 

今回はao推薦入試の中で最も出て来にくい、

かつ分かりづらい自己推薦入試について解説していきますよ!

自己推薦入試がなぜこんなに知られていないのか、

そして自己推薦入試を導入しているのは

どんな大学か暴いていきます。

 

1. 自己推薦入試とは?ao入試・推薦入試と比較

 

 

自己推薦入試は字のごとく、自己を推薦する入試。

それでは、aoも公募、指定校を含めた推薦入試も

変わらないではないか!

 

もっと深いところを探っていきながら、

自己推薦だけがもつ、特徴に迫っていきましょう。

 

評定平均が要らない推薦入試

 

自己推薦では、

推薦入試では絶対必要な評定が要りません。

というか評価対象にならないのです。

実際に大学の説明でも

入学後学部でできることとやりたいことを明確にしたうえで、

「自己の経験・能力」と「学部で学ぶ動機」を関連づけて説明することが重要です。

法政大学の自己推薦特別入試、公募推薦入試に関する説明より抜粋
http://nyushi.hosei.ac.jp/nyushi/tokubetsu

 

学ぶ動機、自分の経験と能力

が問われると書いてあります。

未来よりも過去が評価される

評定平均が要らないということは、

ao入試と同じじゃないか、ということになりがちですが、

実は評価の比重が違います。

 

ao入試は受験者の入学意欲や将来性、

成長ポテンシャル(どのくらい成長しそうか)を評価しますが、

自己推薦は他の推薦入試と同様、

今までどんなことを経験、身につけてきたか、

つまり受験者の実力や実績といった過去が評価されます。

 

ao入試と公募推薦の中間にあるのが自己推薦

 

まとめると、

自己推薦入試はao入試と公募推薦の中間に位置し、

どちらの要素も合わせもつ入試形態であることが

わかるのではないでしょうか。

次章では自己推薦入試の現状と傾向を見ていきたいと思います。

 

2. 自己推薦入試の傾向と現状

 

 

自己推薦入試の特徴をつかんでもらったところで、

自己推薦がどのくらい導入されていて、

どんな傾向、現状なのか知ってもらいましょう。

 

と言いたいところだったのですが、

自己推薦が採用されている割合がどのくらいなのか、

実はわからないんです。

 

自己推薦は推薦入試として扱われる

 

その理由は、自己推薦は推薦入試という枠組みに含まれ、

自己推薦入試と単独で扱われることがないからです。

 

ただ、自己推薦入試は推薦入試の中で公募推薦、

指定校推薦の次に多いくらいなので、

ao推薦入試の中でも

最も採用されている割合が少ない入試と言えるのが現状です。

 

私立大学しか自己推薦を採用していない

 

また、自己推薦入試は国公立では導入されておらず、

私立大学の中でも一部の大学でのみ採用される傾向があります。

詳しくは本記事の最終章で

自己推薦を導入している有名大学を一覧に紹介していきます。

 

3.  自己推薦はこんな人に向いている?!

 

 

これまで自己推薦の特徴、傾向と現状についてみてきました。

では、自己推薦はどんな人に向いているのでしょうか?

今まで書いてきたことから導き出してみると以下の3つの人が当てはまります。

①私立大学を推薦入試で受験したい人

②学校の成績が足りず、aoのように将来やりたいことや入学意欲をアピールすると言われてもピンとこない人

③過去の実績や語れる経験があり、今までやってきたことに自信がある人

この3つに当てはまる方は自己推薦入試を考えてみても良いのではないでしょうか?

 

4. 【2019年最新】自己推薦入試を採用している大学一覧

 

 

最後に、東京にある有名大学で

自己推薦入試を実際に採用している大学を一覧で示していきます。(2019年版)

 

・青山学院大学

(文学部・地球社会共生学部・コミュニティ人間科学部)

・学習院大学(法学部)

・多摩美術大学(美術学部)

・中央大学

(法学部・経済学部・理工学部)

・早稲田大学(社会学部)

・明治大学
(文学部・農学部・総合数理学部)

・法政大学

(理工学部・人間環境学部・文学部)

特に自己推薦入学を実施している学部が多い大学

・東洋大学

・駒澤大学

・大東文化大学

(※自己推薦、自己推薦特別と題している大学及び学部を抜粋しています。)

参照:https://dricomeye.net/35_suisen/list_suisen26.html?ver=20181101

 

 

 

推薦入試についてカテゴリの最新記事